【2024年1月 体験談】日本人講師のマンツーマン授業によって、初日より遥かに目に見えて英語力が向上しました!

お客様情報

お名前Oさん
性別 / 年齢男性 / 20代
コース特別英語コース
レベル初級者
留学期間2週間

1. フィリピンに英語留学しようと思った動機は何ですか?その中でセブ英語倶楽部を選んだ理由を教えて下さい。

英語が話せると就職に有利なため、勉強したいと考えていたのですが、私自身英語がまったく話せず、中学生レベルで止まっているため、思い切って予てより考えていた留学をすることにしました。

そのため留学先を、渡航費が安く比較的英語が簡単だと聞いていたフィリピンにすることにしました。

また、一人で海外へ行くことが初めてだったため、日本人講師が常駐しているセブ英語倶楽部が自分には合っていると考え選ばせて頂きました。

2. フィリピン人講師の授業について

私は、5人のフィリピン人講師の方たちから授業を受けました。

どなたもとても話しやすい方で、私のつたない英語でもしっかり意図を汲み取って正しい文章の作り方や、適切な単語などを教えてくださいました。

また、授業以外でも話しかけてくださり、とてもフレンドリーでいい方達でした。

3. 日本人講師の授業について

私は2週間の内、5日間日本人講師のKGさんの授業を受けました。

マンツーマン授業では、リスニング力を向上させるためのカリキュラムで、初日より遥かに目に見えて向上しました。

また、グループ授業では海外でよく使われる言い回しや、日本人が間違えやすい表現、海外生活でよく使うような文章を学ぶことができました。

私は、このセブ英語倶楽部の後に、また別のアメリカ人講師のみの語学学校に通っていたのですが、この授業のおかげで最低限の会話が成り立ったので、とても助かりました。

4. 学習面以外の学校スタッフの対応について(申し込み時や現地にて)

私は、滞在期間中に風邪をひいてしまったのですが、日本人スタッフの方がわざわざ、うがい薬やポカリなどを買ってきてくださり、とても助かりました。

また、困ったことの相談だったりも聞いてくださったり、初めての1人海外でしたが、安心して過ごすことができました。

5. お食事は如何でしたか?(味や接客について)

食事は朝食はホテルで、昼食と夕食は日本料理をそれぞれお弁当とホテル1階のレストランで頂きました。

正直、フィリピン料理は苦手だったので、日本食レストランが近くにあり、とても助かりました。

味は日本で食べる料理と比べると多少劣りますが、海鮮丼やカレー、うどんなどの麺類まで幅広くあります。

日本を基準に考えると値段は少し高いですが、他の留学生の方たちと食事を楽しむ良い経験になりました。  (平日の食事代は留学費用に含まれています。)

6. 宿泊施設について?(設備、WIFI、虫の発生、ロケーション、利便性について)

宿泊施設もとても良かったです。

他の学校の留学生の方に聞いた話だと、フィリピンでは部屋のクリーニングを頼んでも3日ほどしてくれなかったりしたそうなのですが、そんなこともなく、1時間ほどで終わらせてくれるため、いつも授業のある時にお願いしていました。

また、Wi-Fiも到着前は不安だったのですが十分な強さがあり、日本にいる時と変わらず普通に使うことができました。

また、ホテルのオーナーさんや従業員さんの家族のクリスマスパーティーがあったのですが、私たちも参加させてくださり、様々な催しを楽しむことができました。

普段もすれ違うときに挨拶をしてくれたりなど、とてもいい方達でした。

ただ、宿泊施設の近くにスラム街があるため、近所で爆竹の音が頻繁になっていたり、道の端にゴミが散乱していたりと、治安があまり良くないので外出時は気をつける必要があります。 

7. 英語学習以外はどのように過ごしましたか?

私は、体調を崩してしまったので近くのモールへ出かけるくらいしかできなかったのですが、他の方は観光地が近いため、海へ行ったり、美術館へ行ったりなどされていました。

8. 英語留学先としてのセブ島はどうでしたか?

正直、車の排気ガスで空気が汚かったり、ご飯が口に合わなかったりなど普段の生活はとても大変でした。

ですが、セブ英語倶楽部の方たちが気を遣ってくれたり、他の留学生の方々の雰囲気が良かったのでとても楽しく過ごすことができ、とてもいい経験になりました。 

9. 今後、フィリピン留学を検討している方へのアドバイス等あればなんでも。

セブの空気は車の排気ガスなどで日本よりとても汚いです。ですので、日数分のマスクを持って行くことを強くおすすめします。

また、私の部屋の構造がクーラーが寝床に直接当たる構造になっていたため、少し寒かったです。ですが、薄いタオルケット一枚しかなかったので、荷物に余裕がある方はブランケットなどを持って行くといいと思います。